モノカキ的ヘタレ日記
見た読んだ
アリエッティの名前はそのままだったのかー
なんか不思議な気分でした。
ボロワーズって妖精の本にだいたい出てくるから、ずっと民話とかを元にしたものだと思ってたんですが、作中で本人が妖精じゃないって言うしどうも解説読んでるとメアリー・ノートンの創作みたいですね。むむー

それからキャラメルボックスのハーフタイムシアターを見てきました。
短い話を1日に2本上演するというスタイルだそうで、濃い1日になったような気もしますが、個人的にはもう少し長くどーんと見たいなあと言う気分。帝劇とかになれすぎてるせいかもしれません。

「ヒア・カムズ・ザ・サン」
サイコメトリーとな。
真也さんのあの薄さはむしろ憎らしいくらいです。まったく。
あとお父さんの声が超好みでした。格好いい。
「水平線の歩き方」
150cmで4.4km。なにそれ格好いい。タイトルも格好いい。
あとお母さんかわいい。

……感想が薄いのは決して面白くなかったわけではなく、どっちも真後ろの女子高生に先に号泣されてうっかり現実に引き戻されてしまったからで。
うんそうだね、感動するよね、思わず泣いちゃうよね!と思いつつも、1回冷めた頭はなかなか戻らなかったという。誰も悪いんじゃないけど!ないけど!若いってすごいね!
くそう。
18:26 みたもの雑記−過去ログ comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://blog.furbet.com/trackback/1025384
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
GUIDE
READING
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS